陶板の解説

陶板の種類

タイル・レンガ
■陶磁器質の薄板をタイルと呼んでいます。キッチンでは、ボードに押され気味ですが、
耐久性、環境面、などから見ると、抜群のタイルです。産廃を利用した商品などもあり、
 新しい情報から、目が離せない商品群です。

陶磁器の分類
磁器質・・・・吸水率1%以下 焼成温度1300℃~1200℃ 白または有色 弊社のペット墓(ペット墓石で使用しています素地が気密で硬く、吸水がなく、たたくと清音を発する。耐候性(耐凍害性)、耐久性に優れている。

●磁器質 外装タイル(弊社のサイン陶板として主に使用しています)
凍害を防止するため、吸水質が低いタイル  (ペットのお墓、ペットの墓石用陶板として板面に使用) 施工後の剥離を防止するため、足裏は、あり足形状で、高さは、1.5ミリ以上とされています
湿式と乾式があり、湿式は、形状や、肌合いに自然な感じがあり、クラフト感覚が豊か
乾式は、寸法精度が極めて高く、仕上がりも明確でクールな感じ.。

●磁器質 床タイル
床タイルは耐候性や吸水性の低さのほかに、耐摩耗性、耐衝撃性に優れていることが要求れ、
さらに汚れにくく、汚れが落ちやすいことも必要です。
最近では、パブリックスペースや商店街のモール、舗道などにも用いられることから滑りにくいと
も要求されます。弊社ペットのお墓・ペット墓石で使用しています。

せっ器質・・・・吸水率5%以下 焼成温度1200℃前後 白または有色 弊社のペット墓(ペット墓石で使用しています。
素地は硬く、吸水が少ない。耐候性(耐凍害性)、耐久性に優れている。
弊社ペットのお墓・ペット墓石で使用しています。

陶器質・・・・吸水率22%以下 焼成温度1000℃以上ほとんど白 素地は多孔質で吸水が多い。たたくと濁音を発する。

●陶器質 内装タイル
内装タイルは外装タイルよりも近距離で見られるため、寸法精度の高い、乾式成形の陶器質タイルが、
 主流になっています。
カラーバリエーションが多く、他建材にはない豊富なデザインがあります。
※乾式成形・・・・粉末にした原料を、油圧プレスによりプレス成形する方法で、大量生産に適していて、
乾燥設備が不要で、工程上のよどみも少なく自動化に適している

土器質・・・・
●土器質 レンガ
吸水率が高い焼成温度800℃前後 有色素地は多硬質で、かなり多く吸水する。

 出雲石へ 出雲石の墓石へ

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP