出雲石灯籠の種類

 出雲石灯籠には様々な種類があります 微妙な形・風合いの違いをお楽しみください。
雪見灯籠は庭に置いてありますので、雨や風にさらされて少し色を変え、年を重ねる毎に
庭になじむようになります。

雪見灯籠は、庭や墓の大きさによって灯籠の大きさを決めると良いでしょう。
雪見灯籠を設置する場合は、直接土の上に置くのではなく、石の上に設置することをお勧
めします。また石の上に置くことでより雪見灯籠のデザインが引き立ちます。

立ち灯篭(出雲石

一番下に台座(基礎)がある灯篭です。(画像をクリックで拡大画面になります)
総高さ4尺(120㎝)程度の小ぶりなものから10尺(300㎝)以上のものまで様々な種類があります。

形も大ぶりで存在艦があり灯篭の代名詞とも呼べるのが春日灯篭です。
竿が長く火袋が高い位置にあるのが特徴です。

若葉形 春日形・道風形 大正形

春日濡鷺9尺 唐金形・ランケー形 嫁島灯ろう

座り灯篭(出雲石)
雪見灯篭のサイズは 笠の対角線の長さで表示しています。
六角雪見形 古代雪見形(復活変り形)

六角・丸雪見形2.5尺 丸雪見2~3尺

層塔(出雲石)
笠の枚数によって、三層塔、五層塔、五重の塔、七層塔、十三層塔などあります。
丸雪見形・古代五重塔 三重塔

五重塔苫屋形 層塔

織部・小屋棒・手水鉢・テーブルなど
鋤修寺 テーブルセット道しるべ

織部4尺 小屋棒3尺水鉢

 

土江石材店TOPへ 土江石材店へ灯ろうの紹介へ 出雲石灯ろう展示場:へ

TopアイコンHP Topへ お問合せ

お問合せ
土江石材店 〒690-0404 島根県松江市宍道町東来待1068-2
Tel (0852)66-0230 Fax(0852)66-2144
E-mail webmaster@tutie.jp